2022年9月7日

ダウとミュラテクノロジー,プラスチックのアドバンスドリサイクルを実現する取り組みを発表

アーステック

世界有数の素材科学企業であるダウと,高度なプラスチックリサイクルソリューションの世界的パイオニア企業であるミュラテクノロジー(以下,ミュラ)は,世界のプラスチック廃棄物問題の解決に向けたパートナーシップの取り組みとして,米国と欧州に全体で年間60万tとなる,世界規模の12万tクラスのアドバンスドリサイクル施設を複数建設することを発表した。

今回の発表は,ミュラのHydroPRS™(熱水プラスチックリサイクルソリューション)アドバンスドリサイクルプロセスのスケールアップにおける重要な中間目標となる。この技術は,これまで「リサイクル不可能」とされてきた軟質プラスチックや多層構造プラスチックを含む,あらゆる形態のプラスチックをリサイクルすることができる先進的なリサイクルプロセスで,大規模に展開されれば,毎年何百万tものプラスチックと二酸化炭素が環境に流出するのを防ぎ,持続可能で循環型のプラスチック経済のための材料を作り出すことができるようになる。

ミュラのHydroPRS™プロセスを活用する,英国ティーサイドにおける世界初の工場は,2023年の稼働が予定されており,同工場の年間2万t規模の生産ラインにより,100%リサイクルされた原料がダウに供給されることになる。今回のパートナーシップにより,供給量が大幅に拡大し,2030年までに60万tのアドバンスドリサイクル能力を世界に展開するという,ダウとミュラの計画で重要な役割を果たすこととなる。(’22 9/7)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This