2022年3月16日

「CEATEC 2022」,2022年10月に開催,開催概要を発表

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

電子情報技術産業協会(JEITA)は,2022年10月18日(火)~21日(金)の4日間,幕張メッセ(千葉市美浜区)およびオンライン会場にて「CEATEC 2022(シーテック2022)」を開催することを発表した。2000年の第1回開催以来,テクノロジーの革新がもたらす未来社会を発信する場として歴史を積み重ねてきた同展は,2020年,2021年と2年連続で完全オンラインでの開催だったが,2022年はオンラインならびに3年ぶりの幕張メッセでの対面による開催となる。

同展は「経済発展と社会課題の解決を両立する『Society 5.0』の実現を目指し,あらゆる産業・業種の人と技術・情報が集い,『共創』によって未来を描く」を開催趣旨に掲げ,毎年10月に開催している総合展示会。2022年は新企画「パートナーズパーク」を新設し,テーマに「デジタル田園都市」を掲げ,未来社会を体現する「共創」エリアとして展開する。幕張メッセ会場ではパートナーズパークに加え,トータルソリューションエリア,スマート×インダストリーエリア,キーテクノロジーエリア,スタートアップ&ユニバーシティエリアの計5つのエリアで展示エリアを構成する予定となっている。


  • 名称:CEATEC 2022(シーテック2022)
  • 会期:2022年10月18日(火)~21日(金) 10:00~17:00  ※オンライン会場は10月上旬~下旬を予定
  • 会場:幕張メッセ,オンライン
  • 入場:無料(全来場者登録入場制)
  • 主催:電子情報技術産業協会(JEITA)
  • 公式サイト:https://www.ceatec.com/ja/application/  ※出展募集の優先申込期限は4月28日(木)まで  (’22 3/16)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This