2022年3月2日

DMG森精機,長尺ワーク加工の工程集約に最適な複合加工機の心間3000仕様を販売開始

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

DMG森精機は,超高精度複合加工機NTX 2500 2nd Generation,NTX 3000 2nd Generationの心間3000仕様である,NTX 2500 | 3000 2nd GenerationおよびNTX 3000 | 3000 2nd Generationの販売を開始した。

NTX 2500 2nd Generation,NTX 3000 2nd Generationは,2018年に心間1500仕様の販売を開始しており,自動車,航空機,医療機器,金型など形状が複雑化するワークの同時5軸加工に対応し,工程集約を実現できる機械として,世界中で使われている。今回開発した心間3000仕様は,ターニング用の高性能主軸turnMASTERと全長わずか350mmの旋削/ミーリング主軸compactMASTERを搭載し,1台でターニングとミーリングの全加工を行う。最大3,030mmの長尺ワークをワンチャッキングで加工できるため,段取り替え作業を低減し,長尺ワーク加工の工程集約を実現。また,オプションで工具を最大246本収納できる大容量工具マガジンや,長尺ワーク加工に使用するロングツールを収納するロングツールストッカも搭載可能となっている。

同社では,2021年から部品調達から商品出荷までの工程において,全世界の生産拠点でCO₂排出量実質ゼロの生産を実現しており,NTX 2500 | 3000 2nd GenerationおよびNTX 3000 | 3000 2nd Generationにもカーボンニュートラルな体制で生産された商品を表す「GREEN MACHINE」マークを付与している。さらに,待機時の消費電力の削減や加工性能の向上による加工時間の短縮など,エネルギー消費量の削減を実現し,顧客の環境対策にも配慮した商品となっている。(’22 3/2)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

2022年5月の機械受注統計

2022年5月の機械受注統計

内閣府が発表した2022年5月の機械受注統計によると,民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は,前月比5.6%減の9,088億円だった。

Share This