2022年2月2日

「HANNOVER MESSE 2022」の開催を5/30~6/2に変更

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ドイツメッセとInternational Linkageは,世界最大級の産業見本市「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ) 2022」の開催が2022年5月30日(月)~6月2日(木)に延期となり,会期が1日短い4日間の開催とすることを発表した。

当初は4月25日~29日の予定だったが,全世界のコロナの感染状況などを考慮し,ハノーバーメッセのアドバイザリー委員会,同展への主要出展企業,同展のパートナーであるVDMA(ドイツ機械工業連盟)およびZVAI(ドイツ電気電子工業連盟)の賛同のもと,5月末から6月初旬が最善となった。

同展は2022年に欧州で開催される最初の主要な工業展示会となり,デジタリゼーションとサステナビリティに焦点を当て,イノベーションの創出と気候保護への貢献を図る。なお2023年は従来通り4月に5日間の開催を予定している。

  • ハノーバーメッセ 2022公式ホームページ
    https://www.hannovermesse.de/en/
  • 問い合せ先 ドイツメッセ日本代表部
    International Linkage
     TEL 03-6403-5817  E-mail masahito.takeo@intl-linkage.co.jp  (’22 2/2)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This