2022年1月26日

ダウ・ケミカル日本,回収した廃プラスチックを利用して作られたごみ袋を寄贈

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ダウ・ケミカル日本は,循環型社会の実現に向けた地域参加型リサイクルプログラムを通じ,回収した廃プラスチックを利用して作られた約5000枚のごみ袋を協力パートナーに寄贈することを発表した。2020年9月より始まった同プログラムは,環境ソーシャルベンチャーであるテラサイクルおよび国際環境NGOバードライフ・インターナショナル東京(以下バードライフ)と協力し,バードライフと社会連携活動を実施する「Jリーグ鳥の会」参加クラブの協力により,地域と連動した清掃活動,環境教育,廃プラスチックのリサイクルを推進する取り組みとして実施された。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により,プログラムは当初の清掃活動規模から縮小して実施されたが,「Jリーグ鳥の会」の協力を得て,福岡県北九州市に広がる曽根干潟や鳥取県において約50キロのプラスチックごみを回収した。共に清掃活動を行った北九州市曽根東小学校の児童へ,回収したプラスチックごみを利用して作られたごみ袋の一部が届けられた。

寄贈されたごみ袋は,ダウのPCR(ポストコンシューマーリサイクル)樹脂が活用され,日生化学の協力の元,製作された。

今後は,Jリーグのガイナーレ鳥取や千葉県習志野市谷津干潟自然観察センターなどにごみ袋が寄贈される予定となっている。(’22 1/26)

Related Posts

出光興産,2021年度決算および2022年度業績見通しを発表

出光興産は2022年5月10日(火),2021年度の決算を発表し,売上高は6兆6,868億円(前年度比2兆1,301億円増),営業利益(持分法投資損益含む)は4,495億円(同3,492億円増),経常利益は4,593億円(同3,509億円増),当期純利益は2,795億円(同2,446億円増)となり,在庫影響やタイムラグなどにより過去最高益となった。

Share This