2022年1月12日

ランクセス,自動車ボンネット内部の安全性を向上する新たな染料を提供

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
ハーティング

ドイツの特殊化学品メーカー,ランクセスは,ポリアミド(PA)やその他のプラスチックを恒久的に着色するための新たな着色剤である可溶性有機染料「マクロレックス®(Macrolex®)オレンジ HT」を開発した。

同製品は,ドイツ標準色票に基づくRAL2003のオレンジ色でプラスチックを恒久的に着色できる染料で,熱安定性・耐光性・ 耐候性に優れ,卓越した着色力と光沢を発揮する。この色は,電気自動車・ハイブリッド車の通電ケーブルや,その他の高電圧用部品を目立たせるために使用され,整備士および緊急対応サービスの従事者に感電リスクを知らせるためのものとなる。

また,高電圧の用途に加え,工具や電子機器の筐体,自動車部品や構造体用のテクニカルプラスチックといった他の高品質プラスチック製品の着色にも使用可能となっている。(’22 1/12)

アントンパール・ジャパン
ASTEC 2022

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第101回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2022年2月25日(金),御茶ノ水トライエッジカンファレンス(リアル,東京都千代田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第101回研究会「砥石と工作物の弾性波がいざなう研削の世界~AEを用いた砥石評価と研削の効率化~」を開催する。

Share This