2021年10月20日

2021年8月の建設機械出荷金額統計

アーステック
共催セミナー

日本建設機械工業会がまとめた2021年8月の建設機械出荷金額統計(補給部品を含む総額)は,前年同月比49.3%増の2,086億円で,10ヵ月連続の増加となった。うち,内需は同5.8%増の744億円で2ヵ月ぶりの増加,外需は同93.3%増の1,343億円で10ヵ月連続の増加となった。

内需について機種別に見ると,トラクタが7.4%増の76億円,油圧ショベルが13.5%増の230億円,ミニショベルが0.3%増の62億円,道路機械が15.0%増の26億円,基礎機械が3.0%増の31億円,油圧ブレーカ・圧砕機が19.9%増の16億円,その他建設機械が38.8%増加の59億円,補給部品が4.0%増の98億円と増加した。

外需について機種別に見ると,トラクタが221.6%増の175億円,油圧ショベルが94.4%増の491億円,ミニショベルが78.0%増の233億円,建設用クレーンが35.4%増の39億円,道路機械が200.6%増の31億円,コンクリート機械が217.5%増加の1億円,基礎機械が7.6%増加の4億円,油圧ブレーカ・圧砕機が58.1%増加の7億円,その他建設機械が99.9%増の180億円,補給部品が52.1%増加の181億円と増加した。(’21 10/20)

Related Posts

「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」開催される

「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」開催される

大豊工業トライボロジー研究財団(TAIHO KOGYO TRIBOLOGY RESEACH FOUDATION:TTRF)と大豊工業は共催で「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」を2024年4月17日(水),名古屋国際会議場(名古屋市熱田区)で開催,トライボロジーに関連する大学・研究機関や自動車関連企業のエンジニア142名が参加した。

「第3回 潤滑通信社 | 技術オフィス・村上 共催セミナー,2024 ―ざわつくEV一辺倒とその周辺―」6/24に開催

「第3回 潤滑通信社 | 技術オフィス・村上 共催セミナー,2024 ―ざわつくEV一辺倒とその周辺―」6/24に開催

2024年6月24日(月),エッサム神田ホール(東京都千代田区)およびオンライン(Microsoft Teams)によるハイブリッド形式にて「第3回 潤滑通信社 | 技術オフィス・村上 共催セミナー,2024 ―ざわつくEV一辺倒とその周辺―」(主催:潤滑通信社,技術オフィス・村上)が開催される。

Share This