2021年9月1日

出光興産,ダイナミックプライシングを活用したEV充電サービス実証事業を開始

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

出光興産は,日産自動車および出光興産の100%子会社であるソーラーフロンティアとともに,独自のダイナミックプライシング(需要や供給等の状況により変動する価格体系)を活用したEV充電サービスの実証事業を開始することを発表した。実証期間は2021年11月~2022年1月となる。

日産自動車のEV「日産リーフ」ならびにEV充電設備を保有する実証参加者を対象に,電力料金の割引額をスマートフォンのアプリケーション上に提示することで,再生可能エネルギーの主力電源である太陽光パネルが発電する昼間や,電力需要の低い深夜などにEV充電を促す。推奨する時間帯に充電すると,あらかじめ提示した割引額を電気料金から控除する。これにより,実証参加者の行動変容を分析するとともに,実証参加者へアンケートを実施し,仕組みの実効性とサービスとしての実現可能性を検証する。

出光興産は,実証事業全体の運営,電気料金メニューの提供,実績集計・分析,日産自動車は,実証参加者の募集協力,テレマティクスを使ったEVデータの提供,ソーラーフロンティアは機器システム構築,機器選定・調達をそれぞれ担当する。3社は,EVやPHV等の電動車の普及が更に進む将来に向け,電力負荷の低減や平準化を目的として今回の実証に取り組む。(’21 9/1)

アントンパール・ジャパン
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
2021年11月24日~26日
https://www.jma.or.jp/mente/tokyo/index.html
2021洗浄総合展
2021洗浄総合展
リアル会場:2021年12月1日〜3日
オンライン会場:2021年11月24日〜12月10日

Related Posts

ENEOS,CO₂フリー水素サプライチェーン構築の実証事業4件がグリーンイノベーション基金事業に採択

ENEOS,CO₂フリー水素サプライチェーン構築の実証事業4件がグリーンイノベーション基金事業に採択

ENEOSは,同社がCO₂フリー水素サプライチェーンの構築に向けて実施する4件の実証事業が,新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「グリーンイノベーション基金事業/大規模水素サプライチェーンの構築プロジェクト」として採択されたことを発表した。

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産,東芝エネルギーシステムズ,東洋エンジニアリング,東芝,日本CCS調査,全日本空輸は,環境省地球環境局が公募した2021年度「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」において,「人工光合成技術を用いた電解による地域のCO₂資源化検討事業」を提案し,同提案が委託事業として採択されたことを発表した。

Share This