2021年7月14日

ハーティング,HARTING Webセミナー「次世代技術に向けた接続 Connectivity+」が開催される

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

産業機器に特化した製品の開発および製造を行っているハーティングが,2021年6月10日にZoomを使ったWebセミナー「次世代技術に向けた接続 Connectivity+」を開催した。ドイツ本国ともネットワークで接続され,ハーティングテクノロジーグループCEO フィリップ・ハーティング 氏の冒頭の挨拶に続いて,技術担当者による第1部「次世代技術に向けた接続」が講演された。同講演では,SUSTAINABILITY,DEMOGRAPHIC CHANGE,GLOBALISATIONを社会的なメガトレンドと捉え,それらをベースとしたMODULARITY,AUTONOMY,DIGITAL TWINという技術のメガトレンドを支える同社の技術と製品が紹介された。

第2部は日本法人の技術・セールススタッフによる「Conenectivity+ モジュラー型基板用コネクタ」と題し,同社の世界初モジュラー式PCBコネクタ「har-modular」が紹介された。オリジナルのコネクタを作り出すことができ,通信に必要なデータ,信号,電力などを自由に組み合わせることができる。さらに,信号伝送用モジュールは2タイプ,電力モジュールは3タイプから選べ,最大2800Vの高電圧モジュールも用意されている。組み立ては工具不要で,各モジュールをサポートツールに並べ,両側を固定レールでホールドしサポートツールを外すだけというわずかな工程で必要かつ十分なコネクタができあがる。

世界各国の製造現場で需要があり,供給が追い付ないケースもあるようだが,2年前に欧州に工場を建設し,そこを拠点に増産を図っていくようだ。(’21 7/14)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

2022年5月の機械受注統計

2022年5月の機械受注統計

内閣府が発表した2022年5月の機械受注統計によると,民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は,前月比5.6%減の9,088億円だった。

Share This