2021年5月12日

アマノ,従来機の2倍の集塵性能を実現した電気集塵式オイルミストコレクターを新発売

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
ハーティング

アマノは,金属切削工程で発生するオイルミストを捕集する電気集塵式オイルミストコレクター「EM-8e III」を新発売した。同製品は,新開発の「ブラシ荷電極」の採用により,同社従来機「EM-8e II」に比べ2倍の濃度(200mg/m³)のオイルミストを安定的に捕集し,また,独自の絶縁構造により油性ミストと水溶性ミストの両方に使用することができる。

電気集塵式はコロナ放電によりオイルミストを吸着・捕集するフィルターレスの方式のため,フィルター式のように目詰まりによる風量低下がなく,常に安定した風量で長期安定的に運転できる。また,「ブラシ荷電極」で放電ポイントが増加することにより捕集効率が向上すると共にメンテナンスサイクル(電極洗浄)の延命と,荷電極の耐久性を格段に向上させている。

同社は集塵機の専業メーカーとして,電気集塵式のほか,本体内のフィルターでろ過・捕集するフィルター式のMZシリーズ,遠心力を利用して,高速回転する捕集ディスクでミストを吸引するフィルターレス式のMJシリーズなど,あらゆるオイルミストコレクターをラインアップしており,使用現場・用途に応じた機種選定が可能となっている。(’21 5/12)

EM-8e III設置例-アマノ
EM-8e IIIと従来機の比較-アマノ
アントンパール・ジャパン
ASTEC 2022
2021洗浄総合展
2021洗浄総合展
リアル会場:2021年12月1日〜3日
オンライン会場:2021年11月24日〜12月10日

Related Posts

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産,東芝エネルギーシステムズ,東洋エンジニアリング,東芝,日本CCS調査,全日本空輸は,環境省地球環境局が公募した2021年度「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」において,「人工光合成技術を用いた電解による地域のCO₂資源化検討事業」を提案し,同提案が委託事業として採択されたことを発表した。

Share This