2021年3月31日

NTNのドライブシャフトがGM社キャデラック新型「エスカレード」に採用

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

NTNは,リヤ用ドライブシャフトがゼネラルモーターズ社(以下,GM社)のフルサイズSUV・キャデラックの新型「エスカレード」に100%シェアで採用されたと発表した。新型「エスカレード」は,2020年後半に北米で発売後,他国にも順次拡販されている。

同製品は,フルサイズSUVに対応するサイズでありながら,同社の独自技術である8ボール設計(従来は6ボール設計が一般的)による軽量コンパクト設計を特長とする商品。リヤ用ドライブシャフトに必要な作動角とする専用設計に加え,中空シャフトを適用することで軽量かつ高剛性な仕様となっており,機能性や快適さの向上と,車両の軽量化・省燃費化との両立に貢献する。

同製品は,「エスカレード」をはじめ,シボレー・タホ,サバーバン,GMCユーコンなどGM社のフルサイズSUV全車に搭載されている。GM社のフルサイズSUVは,需要の増加が続く北米市場においても特に人気で,年間約30万台の販売を記録している。(’21 3/31)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

2022年5月の機械受注統計

2022年5月の機械受注統計

内閣府が発表した2022年5月の機械受注統計によると,民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は,前月比5.6%減の9,088億円だった。

Share This