2021年3月17日

日本建設機械工業会,2020年度,2021年度の建設機械需要予測を発表

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

日本建設機械工業会は,2020年度および2021年度の建設機械需要予測を発表した。それによると,2020年度の出荷金額予測は,前年同期比16%減の1兆8,325億円となった。うち,国内が同6%減の8,416億円,輸出が同23%減の9,909億円。

また,2021年度の出荷金額予測は,同2%増の1兆8,758億円となった。うち,国内が同1%減の8,298億円,輸出が同6%増の1兆460億円。(’21 3/17)

Related Posts

Share This