2021年1月27日

出光興産など3社,エネルギーマネジメントシステムの構築と実証実験を実施

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

出光興産,日本ユニシス,スマートドライブは,宮崎県国富町の国富町役場庁舎において,太陽光発電システム,EV蓄電池,車両管理システムを活用し,これらを最適に制御することによって,エネルギーコストや環境負荷の低減と災害時のレジリエンスの向上に資するシステムの構築を目的とした実証実験を2021年4月から開始すると発表した。

今回の実証実験では,自然エネルギーの普及に取り組んでいる国富町役場の敷地内に,太陽光発電システム,公用車EV3台,EV予約管理・車両情報取得を行う車両管理システム,複数の蓄電池・EV充放電器/EV充電器,そして、これらのリソースを遠隔から複合的に制御するエネルギーマネジメントシステムを導入し,エネルギー利用の最適化を図ることで,国富町役場の電力コストの低減やCO2排出量の削減につなげる。また,災害などによる停電時における蓄電池とEVからの電力供給の最適運用の検証および事業モデルの検討も実施する予定。(’21 1/27)

アントンパール・ジャパン
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
2021年11月24日~26日
https://www.jma.or.jp/mente/tokyo/index.html
2021洗浄総合展
2021洗浄総合展
リアル会場:2021年12月1日〜3日
オンライン会場:2021年11月24日〜12月10日

Related Posts

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産,東芝エネルギーシステムズ,東洋エンジニアリング,東芝,日本CCS調査,全日本空輸は,環境省地球環境局が公募した2021年度「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」において,「人工光合成技術を用いた電解による地域のCO₂資源化検討事業」を提案し,同提案が委託事業として採択されたことを発表した。

Share This