2021年1月20日

伊藤忠エネクスのGTL燃料を使った実証実験を前田道路が実施

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
伊藤忠エネクスは,前田道路が所有する技術研究所において,伊藤忠エネクスのGTL燃料を使用した実証実験が実施されたと発表した。同実験は,アスファルト合材工場にて稼働するバーナーにGTL燃料を使用した際のばい煙数値測定および燃焼評価等を行うものであり,国内では初めての事例となる。

GTL燃料は硫黄分・芳香族分を事実上ほとんど含まず,燃焼時のCO2削減効果,NOx(窒素酸化物)やPM(ばい煙や粉じんなどの粒子状物質)の低減効果を期待できる。前田道路では今回期待された評価を得たことから,2021年度より全国の合材工場においても順次切換えの検討を開始する。(’21 1/20)

アントンパール・ジャパン
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
2021年11月24日~26日
https://www.jma.or.jp/mente/tokyo/index.html
2021洗浄総合展
2021洗浄総合展
リアル会場:2021年12月1日〜3日
オンライン会場:2021年11月24日〜12月10日

Related Posts

ENEOS,CO₂フリー水素サプライチェーン構築の実証事業4件がグリーンイノベーション基金事業に採択

ENEOS,CO₂フリー水素サプライチェーン構築の実証事業4件がグリーンイノベーション基金事業に採択

ENEOSは,同社がCO₂フリー水素サプライチェーンの構築に向けて実施する4件の実証事業が,新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「グリーンイノベーション基金事業/大規模水素サプライチェーンの構築プロジェクト」として採択されたことを発表した。

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産,東芝エネルギーシステムズ,東洋エンジニアリング,東芝,日本CCS調査,全日本空輸は,環境省地球環境局が公募した2021年度「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」において,「人工光合成技術を用いた電解による地域のCO₂資源化検討事業」を提案し,同提案が委託事業として採択されたことを発表した。

Share This