2020年12月2日

スタンダード石油大阪発売所,「2020 SSOHエネルギー市場セミナー」開催される

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

スタンダード石油大阪発売所は,2020年11月12日(木),「2020 SSOHエネルギー市場セミナー」をオンラインで開催した。

同セミナーは,同社燃料部門主催にて,取引先を招き毎年開催している。7回目の開催となる今回はコロナ禍を鑑みてウェビナーでの開催となり,117名が参加した。

河野 義典 氏(スタンダード石油大阪発売所 代表取締役社長)(写真)の挨拶の後,新村 直弘 氏(マーケット・リスク・アドバイザリー 代表取締役)が「2021年度商品市場動向見通し~コロナを契機とする低成長・高ボラティリティ時代 高まる地政学的緊張~」と題したテーマで,2021年以降に向けて考えるべき世界経済・地政学における主なリスクや,世界的な脱炭素化の流れの中での石油需要長期予測,コロナを契機に進捗した環境重視型ビジネスへの急激なシフトによるリスク,原油・天然ガス・石炭の価格動向,商品価格の変動リスク等について解説した。最後に岡本 康範 氏(スタンダード石油大阪発売所 取締役燃料部部長)の挨拶によってセミナーは締めくくられた。(’20 12/2)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This