2020年10月21日

アマノ,大風量で室内を短時間で浄化する,業務用高機能空気清浄機を新発売

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
アマノは,空気中に浮遊し続けるウイルスを含む浮遊微粒子(エアロゾル)を吸引・捕集し,抑制する高機能空気清浄機「エアロゾルコレクター あまつかぜ」を発売した。

オフィスや工場,学校,病院など,人が集まる施設においては,室内の換気や浄化が喫緊の課題となっている。アマノは,これまで,ものづくり現場の作業環境改善で培ってきた電気集塵技術をベースに,ウイルス抑制機能を搭載した高機能空気清浄機を開発した。

同製品は,同社独自の放電技術を採用した電気集塵機に,ウイルス抑制効果の高い,UV-C紫外線の照射機構を組み合わせることにより,大風量,ワンパスで高捕集,かつ,ウイルス抑制を実現している。集塵部に電気集塵技術を採用することにより,フィルター式のような湿気による目詰まりを起こすこともなく長期に渡って高い捕集性能を維持することができる。また,金属製の集塵電極により,金属表面に吸着したウイルスに紫外線を照射するため,ウイルスがフィルター繊維の奥に入り込んでしまい紫外線が届きにくくなるといったこともなく,確実に照射することで,ウイルスを抑制する。(’20 10/21)

Related Posts

コスモ石油ルブリカンツ,バイオマスマーク認定ディーゼルエンジンオイルを商品化

コスモ石油ルブリカンツ,バイオマスマーク認定ディーゼルエンジンオイルを商品化

コスモエネルギーホールディングスのグループ会社であるコスモ石油ルブリカンツは,植物由来のベースオイルの含有率が80%以上のディーゼルエンジンオイル「コスモディーゼル“カーボニュート”10W-30」の開発に成功し,「バイオマスマーク(バイオマス度80%)」認定を取得したと発表した。

Share This