2020年9月16日

ハーティング,モジュラー型蓄電システム向け大電流対応フロントマウントコネクタを販売開始

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
ハーティングは, 2020年9月1日より最大200Aに対応するバッテリーモジュール用フロントマウントコネクタ「Han® S」の販売を開始した。

産業用の蓄電システムは比較的新しい分野だが,環境に大きな負荷をかけず,経済的で安定した電力供給源として,今後,市場の伸びが見込まれている。この蓄電システム市場向けに同社は,柔軟性と安全性を備えた大電流用の同製品を開発した。

同製品は,小型ながら200Aの大電流,1500Vの高電圧に対応。プラグ式フロント接続によりモジュラー型蓄電システムの電力容量を容易に拡張・変更することができる。アングル型および嵌合状態で360度回転可能なため,ラック内の限られたスペースにも対応する。また,新しい電気化学バッテリーシステム用コネクタの規格UL4128をはじめ,要求の厳しい蓄電システム関連の主要な米国UL規格全てに準拠しており,バッテリーモジュールのメーカーや蓄電システムメーカーに技術的信頼性と安全性を保証している。(’20 9/16)

アントンパール・ジャパン
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
2021年11月24日~26日
https://www.jma.or.jp/mente/tokyo/index.html
2021洗浄総合展
2021洗浄総合展
リアル会場:2021年12月1日〜3日
オンライン会場:2021年11月24日〜12月10日

Related Posts

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産,東芝エネルギーシステムズ,東洋エンジニアリング,東芝,日本CCS調査,全日本空輸は,環境省地球環境局が公募した2021年度「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」において,「人工光合成技術を用いた電解による地域のCO₂資源化検討事業」を提案し,同提案が委託事業として採択されたことを発表した。

Share This