2020年9月16日

出光興産,海の再生を目的とした水質調査「東京湾環境一斉調査」に参加

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
出光興産は,「東京湾環境一斉調査」(主催:東京湾再生推進会議モニタリング分科会)に参加し,2020年8月5日に東京都港区と千葉県市原市の2ヵ所で水質調査を実施した。

同調査は国や東京湾海域・流域河川近隣の自治体・企業・市民団体等による,東京湾の水質状況や生息生物の環境モニタリングを通じて,東京湾の環境への関心の醸成と,汚濁メカニズムの解明等を目的に,2008年より毎年実施されている。

同社は東京湾沿岸に立地する企業として,東京湾の生物多様性の保全に継続的に貢献することを目的に,調査主催団体のひとつである「東京湾再生官民連携フォーラム」に参画している。水質調査活動は2013年から継続して参加しており,今回の調査では国立環境研究所の協力のもと,海水の水質(透明度,塩分,溶存酸素量(DO)等)の測定を行った。(’20 9/16)

アントンパール・ジャパン
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
2021年11月24日~26日
https://www.jma.or.jp/mente/tokyo/index.html
2021洗浄総合展
2021洗浄総合展
リアル会場:2021年12月1日〜3日
オンライン会場:2021年11月24日〜12月10日

Related Posts

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産,東芝エネルギーシステムズ,東洋エンジニアリング,東芝,日本CCS調査,全日本空輸は,環境省地球環境局が公募した2021年度「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」において,「人工光合成技術を用いた電解による地域のCO₂資源化検討事業」を提案し,同提案が委託事業として採択されたことを発表した。

Share This