2020年7月8日

日本水素ステーションネットワーク,2020年度水素ステーション整備計画を策定

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
日本水素ステーションネットワークは,国の2020年度燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業・水素ステーション整備事業補助金に水素ステーション事業者とともに第1次募集分として20件の共同申請を行った。これにより同社の水素ステーション整備基数は合計55基となり,既存のものと合わせて全国で143基,157ヵ所となる。

今回の設置場所の特徴として,FCV(燃料電池自動車)の大需要地である愛知県での設置がさらに進むことに加え,長野県,福井県,奈良県,熊本県の未整備県で初のステーションが誕生することとなった。

また,新たにインフラ事業者として東亞合成が同社に参画し,徳島県で初の定置式水素ステーションの設置を計画している。これにより参画企業は25社となった。

同社では,引き続き本年度の水素ステーション整備事業を募集し,新規設置数を上積み,国の「水素・燃料電池戦略ロードマップ」の達成を目指す。(’20 7/8)

アントンパール・ジャパン
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
2021年11月24日~26日
https://www.jma.or.jp/mente/tokyo/index.html
2021洗浄総合展
2021洗浄総合展
リアル会場:2021年12月1日〜3日
オンライン会場:2021年11月24日〜12月10日

Related Posts

ENEOS,CO₂フリー水素サプライチェーン構築の実証事業4件がグリーンイノベーション基金事業に採択

ENEOS,CO₂フリー水素サプライチェーン構築の実証事業4件がグリーンイノベーション基金事業に採択

ENEOSは,同社がCO₂フリー水素サプライチェーンの構築に向けて実施する4件の実証事業が,新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「グリーンイノベーション基金事業/大規模水素サプライチェーンの構築プロジェクト」として採択されたことを発表した。

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産,東芝エネルギーシステムズ,東洋エンジニアリング,東芝,日本CCS調査,全日本空輸は,環境省地球環境局が公募した2021年度「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」において,「人工光合成技術を用いた電解による地域のCO₂資源化検討事業」を提案し,同提案が委託事業として採択されたことを発表した。

Share This