2020年6月24日

伊藤忠エネクスのGTL燃料,戸田建設の重機燃料として東京都内で初めて使用開始

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
伊藤忠エネクスは,同社が取扱うGTL燃料が,戸田建設の旧本社ビル解体工事現場の重機向け燃料として2020年3月より使用が開始されたことを発表した。

同燃料の採用は,東京都内において大手建設会社が建設現場の重機向け燃料として正式に採用した初めての事例となった。

同燃料の使用は,従来の建設機械の燃料である軽油の使用により排出されるCO2排出量の削減に効果を発揮する。また,煤が出にくいといった効果(NOx(窒素酸化物),PM(ばい煙や粉じんなどの粒子状物質)を削減)もあり,環境負荷の少ない燃料であるため,今後トンネル工事作業所での使用などが検討されている。(’20 6/24)

アントンパール・ジャパン
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
2021年11月24日~26日
https://www.jma.or.jp/mente/tokyo/index.html
2021洗浄総合展
2021洗浄総合展
リアル会場:2021年12月1日〜3日
オンライン会場:2021年11月24日〜12月10日

Related Posts

ENEOSホールディングス,子会社によるジャパン・リニューアブル・エナジーの株式取得を発表

ENEOSホールディングスは,同社子会社のENEOSが,2021年10月11日,ゴールドマン・サックス(以下,GS)のアセット・マネジメント部門が運用するインフラファンド及びシンガポール政府投資公社の関連会社が間接的に保有するジャパン・リニューアブル・エナジー(以下,JRE)の全株式取得を決定したことを発表した。

Share This