2020年6月17日

ダウ,ワールプール,レイノルズ・コンシューマー,医療従事者用防護マスクの提供で提携

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ダウ,ワールプール・コーポレーションおよびレイノルズ・コンシューマー・プロダクツは提携し,医療従事者が待望する防護マスクを提供することを発表した。この共同プロジェクトでは,WINヘルスラボを通じてヘアキャップやマスクなどの保護具を製造,販売し,初期生産分は病院に寄付される。

共同チームにより制作された個人保護具(PPE)は,電動ファン付き呼吸用保護具またはPAPRと呼ばれ,従来の医療用マスクとバイザーに代わる役割を果たす。取り換え可能なポリエチレン樹脂製のフェイスシールドが特長で,この透明なシールドは,柔軟で付け心地がよく,別の患者を診る際に素早く取り換えることができる。

ワールプール・コーポレーションは,ヘッドセットの設計,製造,組み立てを担当。ダウがポリエチレン樹脂をフェイスシールド用に提供し,Hefty®ブランドのメーカーであるレイノルズ・コンシューマー・プロダクツが,使い捨てフェイスシールドを設計,製造した。また,フォルクスワーゲン・オブ・アメリカが,素材とサプライチェーンに関わる業者を仲介し,重要な部品を調達した。

ワールプールとダウが操業している地域にある病院と,PPEを必要とするほかの病院に寄付するため,第一段階では2千ユニットが製造された。必要とされるPPEをなるべく多くの医療機関に届けるため,Hefty®のチームが最初のフェイスシールド100万個を寄付している。(’20 6/17)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This