2020年5月27日

JXTGエネルギー,ナノプリント技術による,拡散板および回折光学素子の販売開始

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

JXTGエネルギーは,ナノインプリント技術商品「Nanoable®(ナノアブル)」のラインナップのひとつとして,新たに高耐熱拡散板「Nanoable® Diffuser(ナノアブル・ディフューザー)」および高耐熱回折光学素子「Nanoable® Diffractive Optical Element(ナノアブル・ディフラクティブオプティカルエレメント)」の販売を開始した。

近年,長寿命化や環境負荷低減の利点を有したレーザーやLEDなどの固体光源が急速に普及しているが,固体光源の長所に適合するため,光源周りで使用される光学素子についても,さらなる高耐熱,高耐光,長寿命が必要となり,従来の有機材料製に比べ,より信頼性の高い無機材料製のものが求められている。

同製品は,同社が従来から保有しているナノインプリント生産技術・設備を活用して,無機材料のみで構成されている。光学フィルム製造で培った精密塗布のノウハウを活かし,ガラス基板の表面に無機材料を用いてインプリントする。いずれも,要望に応じてカスタマイズすることができ,顧客の設計に合わせた受託加工にも対応する。(’20 5/27)

Related Posts

出光興産,2021年度決算および2022年度業績見通しを発表

出光興産は2022年5月10日(火),2021年度の決算を発表し,売上高は6兆6,868億円(前年度比2兆1,301億円増),営業利益(持分法投資損益含む)は4,495億円(同3,492億円増),経常利益は4,593億円(同3,509億円増),当期純利益は2,795億円(同2,446億円増)となり,在庫影響やタイムラグなどにより過去最高益となった。

Share This