2020年5月27日

JXTGエネルギー,ナノプリント技術による,拡散板および回折光学素子の販売開始

アーステック
共催セミナー

JXTGエネルギーは,ナノインプリント技術商品「Nanoable®(ナノアブル)」のラインナップのひとつとして,新たに高耐熱拡散板「Nanoable® Diffuser(ナノアブル・ディフューザー)」および高耐熱回折光学素子「Nanoable® Diffractive Optical Element(ナノアブル・ディフラクティブオプティカルエレメント)」の販売を開始した。

近年,長寿命化や環境負荷低減の利点を有したレーザーやLEDなどの固体光源が急速に普及しているが,固体光源の長所に適合するため,光源周りで使用される光学素子についても,さらなる高耐熱,高耐光,長寿命が必要となり,従来の有機材料製に比べ,より信頼性の高い無機材料製のものが求められている。

同製品は,同社が従来から保有しているナノインプリント生産技術・設備を活用して,無機材料のみで構成されている。光学フィルム製造で培った精密塗布のノウハウを活かし,ガラス基板の表面に無機材料を用いてインプリントする。いずれも,要望に応じてカスタマイズすることができ,顧客の設計に合わせた受託加工にも対応する。(’20 5/27)

Related Posts

「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」開催される

「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」開催される

大豊工業トライボロジー研究財団(TAIHO KOGYO TRIBOLOGY RESEACH FOUDATION:TTRF)と大豊工業は共催で「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」を2024年4月17日(水),名古屋国際会議場(名古屋市熱田区)で開催,トライボロジーに関連する大学・研究機関や自動車関連企業のエンジニア142名が参加した。

Share This