2020年5月20日

JXTGホールディングス,QunaSysとの共同研究を発表

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

JXTGホールディングスはQunaSys(キュナシス)と,量子コンピューターを用いた計算化学手法開発に関する共同研究契約書を締結した。

同ホールディングスは,基盤事業の競争力強化や成長事業の収益力強化を目指し,2019年度よりQunaSysと量子コンピューターの活用可能性について検討を続けてきた。QunaSysは,量子コンピューターのアルゴリズム(計算手法)開発に取り組んでおり,これまでも量子コンピューターの活用可能性の拡大を目的とした,数多くの新しいアルゴリズムを開発・提案してきた。

これまでの検討により,計算速度が従来のコンピューターに比べ圧倒的に速いとされる量子コンピューターの計算手法と,JXTGグループの有する技術を組み合わせることで,研究開発の大幅な加速や新製品探索の可能性が確認できた。共同研究契約の締結により,今後は,人材の育成や具体的なトライアルの展開など,これまでよりも踏み込んだ連携を目指し,2022年度末をめどに計算手法の開発・実証を行っていく。(’20 5/20)

Related Posts

出光興産,2021年度決算および2022年度業績見通しを発表

出光興産は2022年5月10日(火),2021年度の決算を発表し,売上高は6兆6,868億円(前年度比2兆1,301億円増),営業利益(持分法投資損益含む)は4,495億円(同3,492億円増),経常利益は4,593億円(同3,509億円増),当期純利益は2,795億円(同2,446億円増)となり,在庫影響やタイムラグなどにより過去最高益となった。

Share This