2020年4月8日

日本精工,高信頼性鉄道駆動装置用軸受を開発

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

日本精工は,信頼性を高めた鉄道駆動装置用軸受を開発したと発表した。開発品の駆動装置小歯車用軸受は,取り扱いの容易さと過酷な環境下でも長期間使用できる高信頼性の確立,駆動装置大歯車用軸受は,サイズの拡充を行う。同製品は,駆動装置の省メンテナンス化,鉄道車両のライフサイクルコストの削減に貢献する。

小歯車用軸受に関しては,出荷時点にすきまが調整されており,軸受を取り付けるだけで最適なエンドプレー(軸受すきま)となる四点接触玉軸受と,併せて使用される円筒ころ軸受を開発。また新しく開発設計した高強度保持器を採用し,形状を見直すことで保持器発生応力を75%低減。内輪にも寸法安定化熱処理を採用し,高温下での長期使用における内輪の寸法変化を抑制する。大歯車支持用円すいころ軸受においては,車両設計に合わせて軸受寸法を選択できるよう,サイズ拡充を行う。

同社は同製品の投入により,鉄道関連製品の売り上げを2026年までに2018年度比倍増を目指す。(’20 4/8)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

2022年5月の機械受注統計

2022年5月の機械受注統計

内閣府が発表した2022年5月の機械受注統計によると,民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は,前月比5.6%減の9,088億円だった。

Share This