2020年4月1日

新川電機,クラウド型モバイル振動監視システムを発売

アーステック

新川電機は,クラウド型モバイル振動監視システム「ZARK & Machine Dossier(ザーク マシン ドシエ)」と8チャンネル振動信号変換器「ZARK X8(ザーク エックスエイト)」を発売した。専用の振動センサであるZARKはバッテリー内蔵で,ワイヤレスなため,付け外しが容易。ZARK X8は,アクセスポイントを経由してクラウドサーバに接続して使用する。8チャンネルのデータを現場へ行くことなく定期的に順次採り込むことが可能。集めたデータはクラウド上で管理するため,簡単にデータの共有ができ,離れた場所からの作業や,その場にいない人からアドバイスを受けることも可能となる。(’20 4/1)

Related Posts

「2024年ものづくりワールド(東京)」開催される

「2024年ものづくりワールド(東京)」開催される

機械部品,DX,3Dプリンタ,省エネ製品をはじめ,開発・製造期間の短縮やDX・IT化の推進,業務を自動化・効率化する製品・サービスなどが出展する日本最大級のものづくり専門展示会「ものづくりワールド(東京)」(主催:RX Japan)が2024年6月21日(水)~23日(金)の3日間,東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催された。

Share This