2020年3月11日

川崎重工業,LPG燃料LPG運搬船を受注

アーステック
共催セミナー

川崎重工業は,シンガポールのKUMIAI NAVIGATION(PTE) LTD(クミアイ ナビゲーション プライベート リミテッド)と84,000m3型LPG(液化石油ガス)燃料LPG運搬船1隻の造船契約を締結した。坂出工場で建造し,2022年に竣工予定。

同LPG運搬船は,LPGと低硫黄燃料油を推進燃料とする。LPGを燃料として使用することで,燃料油使用時に比べ,排気ガス中の硫黄酸化物(SOx)や二酸化炭素(CO2)などの排出量を大幅に削減できる。これにより2020年1月から強化されたSOx排出規制に適応する。2022年に強化されるCO2排出量規制に対しては,EEDI(Energy Efficiency Design Index)規制フェーズ3にも適応する。

また,上甲板にLPG燃料タンクを装備することで,貨物とは別に燃料用のLPGを積載することができる。LPG燃料タンクはカーゴタンクと配管で接続されるため,必要に応じてカーゴタンクからLPGを注ぎ足すことが可能。(’20 3/11)

Related Posts

「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」開催される

「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」開催される

大豊工業トライボロジー研究財団(TAIHO KOGYO TRIBOLOGY RESEACH FOUDATION:TTRF)と大豊工業は共催で「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」を2024年4月17日(水),名古屋国際会議場(名古屋市熱田区)で開催,トライボロジーに関連する大学・研究機関や自動車関連企業のエンジニア142名が参加した。

Share This