2020年3月11日

出光興産,千葉事業所に次世代電池向け固体電解質の小型量産設備を新設

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

出光興産は,次世代電池として有望な全固体リチウムイオン電池向け固体電解質の商業生産にむけた実証設備を,千葉事業所内に新たに建設する。同電池は,リチウムイオン電池の一種で,正極と負極間のイオンの伝導を固体の電解質が担う電池。電気自動車や定置用電池向け等に早期の実用化が求められており,キーマテリアルである固体電解質に対するニーズも高まっている。同社は高純度の硫化リチウム製造法を確立しており,硫化物系固体電解質を開発している。なお,同設備の完工・稼働開始は2021年度第一四半期を予定している。(’20 3/11)

Related Posts

出光興産,米カリフォルニア州で太陽光発電所プロジェクトの商業運転開始

出光興産,米カリフォルニア州で太陽光発電所プロジェクトの商業運転開始

出光興産の連結子会社であるIdemitsu Renewables America, Inc.は,米国内で手掛ける4ヵ所目のメガソーラープロジェクト(プロジェクト名:Luciana,所在地:カリフォルニア州トゥーレアリ郡,発電規模:7万3,000kWp(kWp:キロワットピーク。直流出力の最大電力))の商業運転を開始した。

Share This