2019年12月18日

THK,ドコモ,シスコ,CTC,製造業におけるIoTサービス「OMNIedge」の正式受注を開始

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
THK,NTTドコモ(以下,ドコモ),シスコシステムズ(以下,シスコ),伊藤忠テクノソリューションズ(以下,CTC)の4社は,製造業向けIoTサービス「OMNIedge」(オムニエッジ)の正式受注を2019年12月18日(水),出荷を2020年1月末から開始する。

同サービスは,機械要素部品にセンサを装着し,収集したデータを数値化,状態を可視化できるTHKの「THK SENSING SYSTEM」,シスコのエッジコンピューティングルータ,ドコモのLTE通信,CTCのIoTシステムの構築・運用ノウハウを掛け合わせて構成されている。数値化したデータをWeb上でモニタできるだけでなく,設定した閾値を超えた場合は,アラートメールを発報することもできる。業界を特定することなく,LMガイドを使用している装置に適用できる。初期投資費用を抑えられるようサブスクリプション型の料金体系(月額8,000円~)であり,かつセンサ,アンプ,ルーター,SIMカードをワンストップで提供し,導入が簡単にできるように設計されているパッケージ型サービスとなっている。(’19 12/18)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This