2019年11月20日

出光興産,大型蓄電池を活用したバーチャルパワープラント構築実証事業に参画

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

出光興産(トレードネーム:出光昭和シェル)は,リソースアグリゲーターを務める横河ソリューションサービスとともに,経済産業省が公募する2019年度「需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント(VPP)構築実証事業」に参画する。

 同実証事業は,高度なエネルギーマネジメント技術により,工場や家庭などが有する需要家側エネルギーリソースを遠隔制御・統合管理し,あたかもひとつの発電所のように機能させる仕組みの構築を目指すもの。VPPは,火力電源の代替となる需給調整力の創出と再生可能エネルギーのさらなる導入を可能にする新たなエネルギーシステムとして注目されている。

 出光は,同社グループの油槽所である新潟石油製品輸入基地および潤滑油を製造するシェルルブリカンツジャパン神戸事業所の2ヵ所に大型蓄電池を新たに設置,同社グループの西部石油山口製油所にある自家発電設備と合わせて実証を行い,同社グループのプラント等にある自家発電設備と蓄電池を制御してVPPを実施する際のポテンシャルについて検証する。なお,同事業は2019年度「需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント(VPP)構築実証事業費補助金」を受けて,関西電力がアグリゲーションコーディネーターとして実施する「関西VPPプロジェクト」の一環で行う。(’19 11/20)

アントンパール・ジャパン
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
2021年11月24日~26日
https://www.jma.or.jp/mente/tokyo/index.html
2021洗浄総合展
2021洗浄総合展
リアル会場:2021年12月1日〜3日
オンライン会場:2021年11月24日〜12月10日

Related Posts

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産,東芝エネルギーシステムズ,東洋エンジニアリング,東芝,日本CCS調査,全日本空輸は,環境省地球環境局が公募した2021年度「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」において,「人工光合成技術を用いた電解による地域のCO₂資源化検討事業」を提案し,同提案が委託事業として採択されたことを発表した。

Share This