2019年9月25日

アズビル,耐環境性能を高めた光電スイッチを販売開始

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

 アズビルは,過酷な使用環境での長期使用が可能な「耐環境光電スイッチ 形 H2B」の販売を開始した。

 自動車関連設備の金属加工ラインでは,製造装置の自動化のために多くの光電スイッチが使用されているが,大半はクリーンな環境で使用することを想定した樹脂ハウジングタイプである。金属加工ラインでは冷却に使用される各種クーラント(油剤)が付着することによるスイッチ本体のクラック,ケーブル部分からの油の内部侵入などが主原因で,故障が頻発している。

 同製品は,光電スイッチの故障による生産ライン停止の頻度を低減し,稼働率を上げることを目的として開発されたもの。スイッチ本体に高い耐衝撃性を持つダイカストハウジング,レンズ部にもガラスカバーを採用,ケーブル部も,引き出し口のシール性向上やケーブル内部のスペースへエポキシ樹脂等を充填することにより,クーラントからの保護性能を強化した。これにより堅牢性・耐油性を大幅に向上させた耐環境性を実現した。(’19 9/25)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

2022年5月の機械受注統計

2022年5月の機械受注統計

内閣府が発表した2022年5月の機械受注統計によると,民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は,前月比5.6%減の9,088億円だった。

Share This