2019年9月18日

出光興産,米コロラド州で100MW太陽光発電プロジェクトを開始

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

 出光興産の連結子会社であるSolar Frontier Americas Incは,GCL New Energy Holding Limited社の100%子会社GCL New Energy, Inc.から,米コロラド州における建設前段階のメガソーラープロジェクト(プロジェクト名:Pioneer)を,2019年8月1日付で買収した。出光興産の100%子会社であるRSリニューアブルズを通じ,Solar Frontier Americasへ融資を行ったもの。

 Solar Frontier AmericasはGCL New Energy, Inc.社から建設前段階のプロジェクトを引き継ぎ,太陽光発電所を建設する。発電規模は100MWp(MWp:メガワットピーク。直流出力の最大電力),商業運転開始は2020年を予定している。稼働後はコロラド州内の電力会社であるIntermountain Rural Electric Association社と長期売電契約を結び,約26,000世帯分の供給を行う。(’19 9/18)

アントンパール・ジャパン
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
2021年11月24日~26日
https://www.jma.or.jp/mente/tokyo/index.html
2021洗浄総合展
2021洗浄総合展
リアル会場:2021年12月1日〜3日
オンライン会場:2021年11月24日〜12月10日

Related Posts

ENEOSホールディングス,子会社によるジャパン・リニューアブル・エナジーの株式取得を発表

ENEOSホールディングスは,同社子会社のENEOSが,2021年10月11日,ゴールドマン・サックス(以下,GS)のアセット・マネジメント部門が運用するインフラファンド及びシンガポール政府投資公社の関連会社が間接的に保有するジャパン・リニューアブル・エナジー(以下,JRE)の全株式取得を決定したことを発表した。

Share This