2019年9月18日

日本ルーブリゾールとスタンダード石油大阪発売所,合同の「切削油・塑性加工油添加剤セミナー」が開催される

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

 日本ルーブリゾールとスタンダード石油大阪発売所は,2019年7月29日(月)~30日(火)の2日間,日本ルーブリゾール 衣浦事業所(愛知県知多郡)で「切削油・塑性加工油添加剤セミナー」を合同で開催し,金属加工油メーカーなど18名が参加した。

 同セミナーでは,Johnson Andrew 氏,Thomas Wolak 氏(Lubrizol Corporation),富松 幸亮 氏(日本ルーブリゾール プロダクトマネージャー)が講師として,切削油・塑性加工油添加剤の種類と性能や,部品の軽量化に伴うアルミ合金の比率上昇により,マグネシウムの溶出が原因となる硬水対策に寄与するLubrizol社の添加剤「PIBSA乳化剤」について紹介した。「PIBSA乳化剤」は,Naスルホネートやノニオン系乳化剤の代替として,海外ではメジャーで広く使用されている。また,日本ルーブリゾール衣浦事業所のラボツアーも行われた。(’19 9/18)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This