2019年7月24日

JR貨物,機関車にリモートモニタリングサービスを導入

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

 JR貨物は,リアルタイムに機関車の状態を監視しそのデータを蓄積・解析することで,機関車の保守コストの削減と安定輸送の向上を図ることを目的に,東芝インフラシステムズが開発した「リモートモニタリングサービス」を導入すると発表した。同サービスは,機関車の運転席に設置したIoT端末から車両の状態のデータを自動的に地上サーバに伝送・蓄積することで,リアルタイムに機関車の状態監視を行う。インターネットが繋がる環境であればどこでもPC・タブレット等で監視可能となる。また,データを蓄積して解析することで,故障の予測や機器の劣化把握を行い,車両故障の削減や復旧までの時間の短縮により,安定輸送の向上を図る。

 2019年度末までに,北海道新幹線との共用区間を走行するEH800形式交流電気機関車20両すべてに同サービスの導入を完了し,2020年度から故障予測の検証分析を開始,効果検証を行い,その結果を踏まえ他形式機関車への展開を検討する。(’19 7/24)

アントンパール・ジャパン
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
2021年11月24日~26日
https://www.jma.or.jp/mente/tokyo/index.html
2021洗浄総合展
2021洗浄総合展
リアル会場:2021年12月1日〜3日
オンライン会場:2021年11月24日〜12月10日

Related Posts

出光興産,定額制マイカーリース「オートフラット」に新サービスを導入,キャンペーンを実施

出光興産,定額制マイカーリース「オートフラット」に新サービスを導入,キャンペーンを実施

出光興産は,契約期間中に支払う月額料金の中に車両代,税金,メンテナンス費用が全て含まれる月間定額制マイカーリース「オートフラット」に,運転免許返納や死亡時に中途解約金を免除する新サービス「あんしんキャンセルサポート」を導入することを発表した。

Share This