2019年7月3日

キャプテンインダストリーズ,低価格の工作機械用照明を新発売

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

 キャプテンインダストリーズは,産業機械用など各種照明機器の製造メーカーであるドイツ・バルトマン社製の,工作機械用平面装着型照明の低価格モデル「MACH LED Plus 40(リーンモデル)」を2019年7月10日(水)より新発売する。

 同製品は,工作機械の内部という狭く高ストレスな場所にも設置できるコンパクトな筐体設計で,重要性能はそのままに低価格を実現した。機械やシステムに後付けすることも可能で,ユーザーの設置場所や照明条件などにあわせて柔軟な配置と調整ができる。蛍光灯と同じように広範囲に照射する設計のため,既存の蛍光灯器と同じ位置に取り付けても照射範囲は変わらず,また照明機器の長さは同等なので従来の蛍光灯器と互換性がある。構造体は防水防塵性IP67の安全ガラス,厚さ4mmのアルミニウム製ハウジングで構成されていて,切粉や油,さまざまなクーラントに対して化学的耐性があり,機械的な衝撃,振動,および熱に耐性がある。(’19 7/3)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

2022年5月の機械受注統計

2022年5月の機械受注統計

内閣府が発表した2022年5月の機械受注統計によると,民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は,前月比5.6%減の9,088億円だった。

Share This