2019年5月22日

日精樹脂工業,低床化したハイブリッド式竪型射出成形機の受注開始

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ハイブリッド式竪型射出成形機「TWX220RIII25V」-日精樹脂工業 日精樹脂工業は,業界トップクラスの低床化を実現した型締力2,110kN(220トン)のハイブリッド式竪型射出成形機「TWX220RIII25V」を開発,2019年5月1日から受注を開始した。同製品は,自動車や電子部品など幅広い分野におけるインサート成形向けハイブリッド式竪型成形機「TNX‐RIIIシリーズ」をベースに,新複合式型締機構を搭載し,機械全体の低床化を実現した。これまで高速型締から高圧型締まで1つの型締シリンダで行っていた型締動作を,早送りシリンダと高圧型締シリンダ,ハーフナット機構からなる複合型締機構によって行う。これにより,金型取り付け面高さを従来機比で約30%減の1000mmとし,金型取付けなどの段取り替え作業やワークインサート・製品取り出しの作業性が大幅に向上した。また,機械全体の高さも約10%低く抑えており,成形工場の設置スペース(高さ方向)の融通性も向上している。作動油量は従来機よりも52%削減した。(’19 5/22)

Related Posts

天田財団,技能検定受検手数料の助成対象職種に金属プレス加工を追加

天田財団,技能検定受検手数料の助成対象職種に金属プレス加工を追加

天田財団は2019年度より,従来の「金属等の加工業に係る研究への助成による学術及び科学技術の振興」に「金属等の加工業に従事される方の人材育成と技能向上に有益な資格の取得に対する助成による勤労意欲のある方への就労の支援」を同財団の公益目的事業に加えた。

Share This