2019年5月22日

日精樹脂工業,低床化したハイブリッド式竪型射出成形機の受注開始

アーステック
共催セミナー

ハイブリッド式竪型射出成形機「TWX220RIII25V」-日精樹脂工業 日精樹脂工業は,業界トップクラスの低床化を実現した型締力2,110kN(220トン)のハイブリッド式竪型射出成形機「TWX220RIII25V」を開発,2019年5月1日から受注を開始した。同製品は,自動車や電子部品など幅広い分野におけるインサート成形向けハイブリッド式竪型成形機「TNX‐RIIIシリーズ」をベースに,新複合式型締機構を搭載し,機械全体の低床化を実現した。これまで高速型締から高圧型締まで1つの型締シリンダで行っていた型締動作を,早送りシリンダと高圧型締シリンダ,ハーフナット機構からなる複合型締機構によって行う。これにより,金型取り付け面高さを従来機比で約30%減の1000mmとし,金型取付けなどの段取り替え作業やワークインサート・製品取り出しの作業性が大幅に向上した。また,機械全体の高さも約10%低く抑えており,成形工場の設置スペース(高さ方向)の融通性も向上している。作動油量は従来機よりも52%削減した。(’19 5/22)

Related Posts

Share This