2019年4月24日

住友電工,「SEC-溝入れバイトSSH型」を開発,販売開始

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

SEC-溝入れバイトSSH型-住友電気工業 住友電気工業は,内径溝入れバイト「SEC-溝入れバイトSSH型」を開発し,2019年4月より販売を開始した。
 自動車産業をはじめとする各種機械部品の加工では,回転軸にくぼみをつける溝入れ加工が広く行われているが,小物部品の内径溝入れ加工では,一般の溝入れ加工に比べ切りくずの排出が難しく,部品内に切りくずが滞留することがある。さらに,加工時は工具が振動しやすく,加工面を悪化させるなどの問題点がある。
 同製品は小径部の内径溝入れ加工を考慮したチップブレーカの形状設計により,加工時に発生する切りくずの形状・流出方向を制御し,優れた切りくず排出性を実現。内部給油対応ホルダのため,給油穴から切削油を吐出することで切りくず排出の効果をさらに高めることが可能。また,SSH型はホルダボディに超硬素材を採用したことにより,加工時の振動を大幅に低減し,高品位な加工面の実現が可能となる。さらに,鋭利な切れ刃形状設計と高密着で平滑なコーティング膜の組み合わせにより,優れた切れ味を長時間維持でき,工具の使い始めから交換まで加工面に発生する“ムシレ”を抑制し抜群の加工品位を実現できる。(’19 4/24)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

2022年5月の機械受注統計

2022年5月の機械受注統計

内閣府が発表した2022年5月の機械受注統計によると,民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は,前月比5.6%減の9,088億円だった。

Share This