2018年10月3日

ダウ・ケミカル日本,「ダウ日本イノベーション・デー 東京 2018」が開催される

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

 ダウ・ケミカル日本は2018年9月18日,「ダウ日本イノベーション・デー 東京 2018」をグランド ハイアット 東京(東京都港区)で開催した。ダウは,世界の主要な地域で「イノベーション・デー」を 開催しており,東京開催は2回目となる。A.N.スリーラム最高技術責任者(CTO)をはじめや各事業部のプレジデントなどのリーダーがプレゼンテーションやディスカッションを行い,約世界が直面するさまざまな課題の解決に貢献するイノベーションの可能性を語った。また,「新生ダウ」が注力していく,コンシューマー,インフラストラクチャー,パッケージング分野における持続可能なソリューションを,ブース展示やセッションを通じて紹介した。
 ダウ・ケミカル日本の代表取締役社長ピーター・ジェニングス 氏は,「ダウ日本イノベーション・デーを再び開催できたことをうれしく思います。日本は,大きな再成長のポテンシャルを秘めた市場であるとともに,イノベーションに富み,最新技術を生み続ける国でもあります。このイベントを通じて,お客さま,ステークホルダー,パートナーそして地域社会の皆さまに対する,ダウの弛まぬコミットメントを感じていただくとともに素材科学分野における真のソリューション・プロバイダーとしての世界規模の能力を感じていただけることを願っています」と抱負を述べた。
 ザ・ダウ・ケミカル・カンパニーは,ダウとデュポンからなるホールディングカンパニーであるダウ・デュポンの子会社で,ダウ・デュポンは,農業関連,素材科学,特殊化学品分野における強固で独立した3つの上場企業を設立する計画。(’18 10/3)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This