2017年11月22日

「Japan IT Week 秋 2017」でIoT / AIを活用したビジネスの最前線が展示される

アーステック
共催セミナー
2017年11月8日(水)~10日(金)まで,幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催されたIT専門展「Japan IT Week 秋 2017」のなかで,大きな注目を集めるIoT / M2M技術に特化した「第3回 IoT / M2M展」が開催された。同展では,第4次産業革命と呼ばれる大きな変革の波が押し寄せている中,IoTをはじめ,AIやビッグデータの活用によるコネクテッドインダストリーへの移行など,最新のIoT製品・技術が紹介された。また,特別講演では以下の3氏から,モノづくりの現場でのIoTの利活用について,人口減など日本の製造現場における課題を踏まえた現状の取り組みや,IoTを活用した近未来の将来像などが説明された。
  • 「ものづくりにおけるIoTの活用」 大谷 治之 氏(三菱電機)
  • 「オークマが考えるIoT活用,知能化を志向したスマートマシンと次世代ものづくり」 家城 淳 氏(オークマ)
  • 「ジェイテクトが提案する「人が主役のスマートファクトリー」」 青能 敏雄 氏(ジェイテクト)
Japan IT Week 秋 2017には610社が出展し,3日間合計の来場者は49,345名,セミナー受講者は17,589名だった。(’17 11/22)

Related Posts

キャタピラー,「第6回キャタピラーSTEM賞」一般および学生部門受賞者を発表

キャタピラー,「第6回キャタピラーSTEM賞」一般および学生部門受賞者を発表

キャタピラージャパンは,2018年に関西地域の女性エンジニアの育成・支援をする「キャタピラーSTEM賞」を創設,2019年度に学生部門を設立しているが,第6回目となる2023年度も,日本・世界の持続的な発展に向けた未来志向のアイディア・プロジェクトという観点から,審査委員による厳正なる審査を行い,以下の受賞者が決定した。

「2024 GOOD FACTORY賞」表彰式と受賞記念講演会が開催される

「2024 GOOD FACTORY賞」表彰式と受賞記念講演会が開催される

日本能率協会は,2024年の「GOOD FACTORY賞」9社を決定し,2024年3月7日に東京ミッドタウン(東京都港区)にて表彰式(写真)を行い,同日および翌8日に受賞記念講演会をベルサール六本木グランドコンファレンスセンター(東京都港区)にて開催した。

Share This