2017年2月1日

マレーシア ペトロナスLNG9社の商業生産開始―JXエネルギー

アーステック
JXエネルギーがマレーシアにおいて資本参画している「PETRONAS LNG 9 SDN. BHD.(ペトロナスLNG9社)」は,2017年1月より商業生産を開始した。
JXエネルギーは,2016年6月にマレーシア国営石油会社「PETROLIAM NASIONAL BERHAD(ペトロナス)」の子会社であるペトロナスLNG9社の発行済み株式の10%を取得した。ペトロナスLNG9社を含むペトロナスLNGコンプレックス全体のLNG生産能力は約3,000万トン/年に増強される。

PETRONAS LNG 9 SDN.BHD.(ペトロナスLNG9社)

  • 資本構成:ペトロナス90%,JXエネルギー10%
  • 液化基地所在地:マレーシア サラワク州 ビンツル
  • 液化設備能力:360万トン/年(1系列)
  • 商業生産開始:2017年1月1日
  • 事業内容:LNG生産(ペトロナスから供給される天然ガスを液化)  (’17 2/1)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This