2012年5月30日

Argus・ICIS・Platts,価格査定機関の業界内規案を公開・パブリックコメント募集

アーステック
共催セミナー

 世界規模でエネルギー価格インデックスを提供するArgus Media,ICIS,Plattsの3社は,提供する価格インデックスの信頼性,正確性および公正性を確実にする目的の業界内規案(Draft IPRO Code)を取りまとめた。同3社はこれまで,それぞれ独自の内規に基づいて価格査定および価格インデックスの提供業務を進めてきたが,3社に代表される独立第三者機関が提供する価格インデックスおよびその算出作業である価格査定の重要性が高まっていることを受け,業界統一の品質基準を策定することで合意した。同内規案について,同3社では市場関係者からの意見を募集している。同内規案は,提供された意見を参考に修正した後,正式な内規として同3社および賛同する他の価格査定機関によって導入される。パブリックコメントの提供要領は下記の通り。

○3社合同での業界内規案の発表資料(英文)
http://www.argusmedia.com/About-Argus/Press-Releases/2012/IPRO-Code

○業界内規案(Draft IPRO Code as released by Argus, ICIS and Platts)
http://argusmediagroup.co.jp/Downloads/Draft%20IPRO%20Code%2030Apr12.pdf

<提供要領>
○提供方法:電子メールで argusjapan@argusmedia.com に送付
○標題名には「IPRO内規に関するパブリックコメント」と記載
○受付期間:2012年7月1日 16:00時まで

<記載要領>
○所属の団体名
○所属の部課所名
○氏名
○連絡先(電話番号,メールアドレス,所属団体の所在地)
○意見
  を記載  (’12 5/30)

Related Posts

ENEOSホールディングス,EV向けバッテリー全自動交換ステーションの実証実験を開始

ENEOSホールディングス,EV向けバッテリー全自動交換ステーションの実証実験を開始

ENEOSホールディングスと,同社出資先である北米のスタートアップ企業Ampleおよび実証実験の筆頭協力先であるエムケイホールディングスは,京都市南区において,日本初となる「EV向けバッテリー全自動交換ステーションの実証実験」の開始に合意し,開所式を行った。

Share This