2009年10月14日

コマツ,産業機械向け遠隔管理サービスを開始

アーステック

 コマツは,自社製品の稼働状況を遠隔管理するサービス「KOMTRAX(コムトラックス)」を産業機械向けにも提供開始した。専用の情報発信端末を使い,稼働実績や故障原因などのデータを同社のデータセンターに収集し,ユーザーは機械の詳細な稼働データや生産実績,故障原因などを専用Webサイトで把握できる。対象はコマツ産機が販売する中・小型プレス機とプラズマ加工機,プレスブレーキなど,コマツNTCのレーザー加工機,コマツエンジニアリングの溶接ロボット。2009年10月1日受注分から情報発信端末を標準搭載するが,過去に出荷した分に関しても,後付けが可能。コマツは年1,000台の新規利用を目指す。(’09 10/14)

Related Posts

日本機械学会,2024年度「機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格」をオンラインで開催

日本機械学会は,講習会「グローバル技術者必須!! 機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格(初心者向け,初中級者向け)」を,2024年5月24日(金)(初心者向け),7月5日(金)(初中級向け)にZoomウェビナーを使用したオンラインで開催する。

Share This