2007年9月19日

クリンビー,VOCを95%以上除去する洗浄装置発売

アーステック
共催セミナー

 クリンビーは炭化水素系洗浄装置の排気から,揮発性有機化合物(VOC)を95%以上除去する装置「VCR」を発売した。ガスを-50℃以下に冷却し,溶剤成分を,水分を含んだ固体として分離する。同社の炭化水素系洗浄システムに組み込んだ仕様を提案する。同社洗浄装置のVOC排出濃度は4000ppmCで溶剤ロスも2%と高水準だが,VOCを95%以上除去し,最終的な排出ガスは160ppmCとなる。回収した溶剤のリサイクルも可能である。大気汚染防止法の「400ppmC以下」という排出基準は一定規模以上の洗浄装置につき規定しているが,中小規模装置について先取りする水準となっている。(’07 9/19)

Related Posts

Share This