2024年5月22日

日本農業機械工業会,農業機械用トランスミッション油の規格を制定

アーステック
共催セミナー

日本農業機械工業会(以下,日農工)は,2024年3月に農業機械用トランスミッション油の規格を制定した。

農業機械用トランスミッション油は,ブレーキ鳴き,油圧作動不良,フィルタ詰まり,錆発生といった水混入によるトラブルへの対策が特徴的な農業機械専用潤滑油。農業機械は,作物の栽培や畜産などで利用される機械の総称であるが,用途・目的は多種多様で,構造や使用環境などの違いから使用する潤滑油に対する要求性能も機械ごとに様々となる。海外では純正油の入手が困難な地域が存在し,粗悪油使用によるトラブルが発生することがある。近年では潤滑油の性能向上によりトラブルは減少傾向にあるものの,純正油の採用がない国や需要が少ない地域においては各農業機械メーカー単体での純正油供給が困難である。こういった背景から日農工では,日本の農機メーカーが要求する必要最低限の特性を満たすトランスミッション油の品質を規定するとともに,使用者に対し選択基準を明確にし,純正油以外でも適切に使用される環境を整備するため規格(品質規格・試験規格)を制定した。

農業機械用トランスミッション油は,粘度と用途により計3種類で,トラクタ,コンバイン,田植機,耕うん機,作業機,自動式防除機を主な対応機とする農業機械用1種トランスミッション油(FMO-1,FMO-2)と,耕うん機,防除機,作業機を主な対象機とする農業機械用2種トランスミッション油(FMO-3)に分けられる。また,試験規格では,フィルタラビリティ試験(JAMMAS 0029),摩擦特性試験(JAMMAS 0030),低速摩擦特性試験(JAMMAS 0031)の規格が制定された。


<農業機械用トランスミッション油の種類>
  • 農業機械用1種トランスミッション油
    • マルチグレード FMO-1 SAE 75W-80相当。-20℃以上の作業環境で稼働する農業機械用トランスミッションに使用し,湿式ブレーキ,油圧に対応し更に湿式クラッチ,HST(Hydro static transmission),HMT(Hydro mechanical transmission),パワーシフトのトランスミッション構造や油圧の電子制御にも対応したオイル規格
    • シングルグレード FMO-2 SAE 80W相当。歯車,軸受の極圧性能に加えて湿式ブレーキ,油圧に対応したオイル規格
  • 農業機械用2種トランスミッション油
    • シングルグレード FMO-3 SAE 90相当(GL-4相当以上)。歯車及び軸受で高い極圧性能を要求する部位に対応したオイル規格  (’24 5/22)

Related Posts

Share This