2024年2月28日

エボニックインダストリーズ,水酸基末端液状ポリブタジエン生産能力を拡大

アーステック

エボニックインダストリーズは,ドイツ・マールにあるPOLYVEST® HT製造工場の拡張工事を開始した。塗料・接着剤樹脂部は,POLYVEST®の商標名で販売している水酸基末端液状ポリブタジエン(HTPB)の生産能力を増強し,早ければ2024年第2四半期には数千万ユーロ規模を投じた拡張工事を完了させる予定となっている。

ブタジエンは同工場で直接製造し,過酸化水素は同社グループ内で供給するため,主要原材料のほとんどを同社内で調達することができ,原材料供給の安定性により

POLYVEST®の安定供給も担保されている。さらに,同工場内に応用技術・研究開発チームを配置し,研究室での開発・試験から製造までのシームレスな連携を行う。

POLYVEST® HTは,フリーラジカル重合で製造する水酸基末端液状ポリブタジエンで,疎水性の高いポリブタジエン骨格と様々な化学変性が可能な一級水酸基を有し,さまざまな接着剤やシーラント用途のポリオール成分として使用される。(’24 2/28)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This