2024年2月7日

ポリプラ・エボニック,新工場の起工式が開催される

アーステック

ポリプラ・エボニックは,兵庫県姫路市網干区にあるダイセルの姫路製造所網干工場内で,同社関係者,工事関係者など約50名が列席し,新工場建設工事中の安全を祈願した。

現在,同社の網干工場はダイセル網干工場敷地内に位置しているが,今後の製造能力増強のため,同工場内の異なる場所に2025年中の完成を目指して新工場の工事が進められる。工事完了後,製造設備は順次新工場に移設していくが,既存の製造設備および製造工程に変更はない。新工場では生産能力の拡大のみならず,サステナブルな社会への貢献や働き方改革にも配慮することで,企業価値のさらなる向上を目指す。(’24 2/7)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This