2024年1月31日

「第35回変速機のトライボロジー研究会」開催される

アーステック

日本トライボロジー学会 会員提案研究会(旧第3種研究会)の変速機のトライボロジー研究会(主査:山本 建 氏,東海大学)は2024年1月12日(金),日産アーク(神奈川県横須賀市)で第35回研究会を開催した。

当日は,山本 主査の挨拶の後,三宅 晃司 氏(産業技術総合研究所)(写真)が「表面分析とトライボロジー」,江波 翔 氏(日本精工)が「転がりすべり接触下における潤滑剤からの水素発生」,沼田 俊充 氏(日産アーク)が「各種分析手法による潤滑油添加剤・トライボフィルムの複合解析」のテーマで話題提供を行った。

話題提供の後は,日産アークの分析装置の見学会が行われ,その後会場を移して技術交流会を開催,盛況となった。(’24 1/31)

Related Posts

日本機械学会,2024年度「機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格」をオンラインで開催

日本機械学会は,講習会「グローバル技術者必須!! 機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格(初心者向け,初中級者向け)」を,2024年5月24日(金)(初心者向け),7月5日(金)(初中級向け)にZoomウェビナーを使用したオンラインで開催する。

Share This