2023年10月25日

ポリプラ・エボニック,「PURAMEM®」膜がバイオディーゼル精製プロジェクトに採用

アーステック

ポリプラ・エボニックの耐溶剤分離膜「PURAMEM®」(ピュラメム™)が,パートナー企業であるRITAとの連携にて,新たなバイオディーゼル精製プロジェクトに採用された。国内における2件目の導入事例となる。

エンドユーザー(採用企業)は,産業廃棄物処理および収集運搬,環境コンサルティングを本業とする一方,近年は廃食用油を回収しバイオディーゼル燃料の製造販売事業を行っている。PURAMEM®膜による分離システムが既存システムより約17倍もの生産性を向上させる事に成功し,採用となった(年間精製能力 1,200kL)。分離膜による精製装置は2024年初めの設置,同年4月の稼働を予定している。(’23 10/25)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This