2023年10月11日

島津製作所,マイクロプラスチック自動前処理装置「MAP-100」を発売

アーステック

島津製作所は,マイクロプラスチック自動前処理装置「MAP-100」を発売した。マイクロプラスチックとは,波や紫外線などによって砕かれ,5mm未満となった微細なプラスチック。同製品は海や河川,湖沼など環境水中のマイクロプラスチックの抽出・回収工程を自動化した世界初の専用前処理装置。機器によるマイクロプラスチック分析の前には,夾雑物や表面に付着する物質を除去する工程が必須となる。従来,煩雑で手作業が中心だった前処理工程を装置に置き換えることで,「業務の効率化」「前処理結果の品質向上」「安定した再現性」「安全性」の確保へ繋がる。

同製品は自動で流路を制御して微細なプラスチック片を取りこぼすことなく捕集でき,作業の属人性を排除して信頼性の高い分析につなげるだけでなく,酸性試薬を扱う頻度の低減により安全性を高めた。前処理に関しては環境省の「河川・湖沼マイクロプラスチック調査ガイドライン」に準拠しており,標準的なマイクロプラスチック分析の前処理工程を装置で自動化することで,マイクロプラスチックの分布実態の把握に貢献する。また,試料に含まれる夾雑物の量や状態によって酸化処理の時間など条件の設定が必要となるが,同製品の制御ソフトウェアはシンプルな画面で構成され,各条件を直感的に設定できる。処理の進捗状況や完了予定時刻を確認できるため,業務効率の改善に繋がる。(’23 10/11)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

Share This