2023年8月30日

石油連盟,2023年度潤滑油需要見通しを発表

アーステック

石油連盟は,2023年度の潤滑油需要見通しを発表した(表1)。

潤滑油全体の需要は,自動車用で車載用半導体不足解消による自動車生産の回復,工業用で経済回復に伴う需要増等を見込むことから,前年度比3.4%増の1,873千kLの見込み。

用途別では,自動車用は,2021年度から続く世界的な半導体不足が徐々に解消していくことで自動車生産台数は持ち直すものの,2019年度の水準までは回復せず,同2.4%増の718千kLの見込み。

舶用は,CO₂規制対応のための大型船舶代替船建造需要や経済回復に伴う内航輸送量回復に伴い,同3.4%増の90千kLの見込み。

工業用は,コロナ禍からの経済回復に伴い企業の生産活動が回復することを想定し,同4.0%増の1,065千kLの見込み。(’23 8/30)

2023年度潤滑油需要見通し-石油連盟
※2022年度潤滑油計は資源・エネルギー統計の年報より引用。内訳は石油連盟推計値。
 2022年度より資源・エネルギー統計の潤滑油内需の集計方法に変更があったため,2022年度実績の前年度比は記載していない。
 端数処理のため計が一致しないことがある。

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This