2023年5月17日

出光興産,韓国に先進マテリアル(高付加価値素材)事業の会社を設立

アーステック

出光興産は,リチウム電池材料,結晶性酸化物半導体,有機EL材料,新規農薬といった先進マテリアル(高付加価値素材)の韓国における研究開発の加速およびマーケティング体制の強化を目的として,「出光アドバンストマテリアルズコリア株式会社」を設立した。

出光興産は,2022年11月に発表した中期経営計画(対象年度:2023~2025年度)において,先進マテリアル分野における開発・製造・販売体制を強化し,事業拡大を進めるとともに,多様な省資源・資源循環に繋がる素材提供と社会実装を通じた循環型社会実現への貢献を目指している。この方針のもと,次世代電池,高速通信・次世代ディスプレイならびに環境対応資材といった先進技術分野をリードする韓国グローバル企業との一層の連携強化と,顧客ニーズを的確に捉えた先進マテリアルの研究開発の加速およびマーケティング体制を強化する。

今後は,韓国京畿道烏山(オサン)市に設置した研究開発センターおよびマーケティング部門を通じ,韓国企業およびアカデミアとの連携を深めていく。(’23 5/17)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This